(2019年新設) ウイルス学分野:感染病態研究分野, 南保研究室

長崎県 長崎大学 医歯薬学総合研究科, グローバルヘルス研究科(募集区分:修士、博士)

ラボのメインテーマ
ヒトに重篤な疾患を引き起こすエボラウイルスおよびEpstein-Barrウイルスの感染と病原性発現の分子機構を解明します
研究の将来性
研究成果を治療薬の創出、診断法の開発へと進展することで、感染症制御の一助となることを目指します
研究のここが面白い!
ウイルスは宿主である細胞に感染し実に巧妙にその機能を利用して増殖します。我々は多様な顕微鏡技術を用いて、ウイルス感染に伴う細胞内現象を可視化することでその分子機構を解明することを目指しています。
南保研のアピールポイント!
きめ細やかな指導 楽しく研究 独立テーマ 国際共同研究 積極的な学会参加 異分野連携 初心者大歓迎

研究室概要

<メンバー構成>
南保 明日香 教授
古山 若呼  助教
実験補佐員  1名
事務員    1名
修士学生   1名
学部生    1名

<研究室URL>
https://www.ccpid.nagasaki-u.ac.jp/research-act/dcmv/index.html

<大学院情報>
長崎大学 大学院 医歯薬学総合研究科
長崎大学 大学院 熱帯医学•グローバルヘルス研究科